情報を集めてみよう

カウンセリング

抑肝散について気になる人はいろいろと情報を集めてみましょう。どんな特徴があるのか知ることができます。また、どんな人に向いているものなのか、それを把握していないことには利用しても効果を実感することはできません。

詳しく見る

精神安定効果のある漢方

ハート

抑肝散は体に優しい漢方薬であり、体に刺激を与えずに神経症や認知症の治療をすることができます。精神安定効果を得ることができますが、精神が不安定になっていると薬の服用を間違える可能性があるので気を付けましょう。

詳しく見る

うつ状態を改善する

女性

抑肝散は自律神経を調節して怒りやイライラなどの興奮を抑える作用があり、うつ状態や不眠症などの改善に用いられます。抗うつ剤より効き目は穏やかですが、精神科や心療内科でも保険適用で処方を受けることができます。

詳しく見る

購入は手軽に出来る

看護師

抑肝散を利用して精神疾患を治療している人はたくさんいます。どんな形で抑肝散を購入すれば良いか迷っているということであれば、専門医に診察を受けてから処方してもらうことも出来ます。医師は適切な処方をしてくれます。

詳しく見る

漢方で毎日を平穏に

ハート

即効性があるのが特徴

日頃から、怒りっぽかったり、気が短くてイライラしやすい人は、抑肝散を服用することで気持ちのコントロールをすることが可能かもしれません。抑肝散とは、カンゾウやチョウトウコウといった7種の生薬を調合した漢方薬のことで、昔から気を静めるために使われてきた薬です。この薬の一番の特徴として、興奮や気持ちの高ぶりを抑えたり、怒りを抑えて冷静になれるという点が挙げられます。人は、誰しもが怒ったりじれったさを感じることがあり、短い時間の気持ちの高ぶりは問題ないと考えられています。しかし、すぐにイライラしたり、少しの時間も待てないなど極端な人は、心療内科などで診てもらい適量の薬を服用することで平常心を保つことが可能です。この時、処方される抑肝散は、漢方薬であることから健康な人でも安心して飲むことができ、その効果に即効性があることが大きなメリットです。また、抑肝散の二次的な効果として、「興奮して眠れない」などが原因の不眠症の改善にも、効果が期待されています。人は、睡眠時に副交感神経の働きが活発になり、リラックスモードに入ることで質の良い睡眠を得ることができます。抑肝散は、睡眠時の副交感神経の働きを良くして興奮を抑える効果も期待できるため、不眠症で悩む人の救世主ともなり得ることが特徴です。抑肝散は、漢方薬でありながら、興奮を抑えるなどの効果に即効性があり、安全性が高いことが大きな特徴です。東洋医学で用いられる漢方薬は、健康な人でも服用が可能で、副作用が少ないことが特徴ですが、医師の指示を守って正しく服用することが大切です。抑肝散を服用する際は、飲む時間と量、そして副作用に注意する必要があるため、薬の管理をしっかり行うことが重要です。まず、医師によっては食間に服用するよう指示する場合があり、その際は食事と食事の間に飲むことを忘れないように注意してください。認知症の高齢者やうつ病患者が服用する場合は、間違えないように家族が責任をもって薬を管理すると安心です。また、一回に服用する量を間違えたり、「もっと効果をもたらしたい」とわざと大量に服用すると大変危険なので、注意する必要があります。抑肝散の主な副作用としては食欲不振や胃の不快感、下痢などが挙げられますが、少しでも違和感を覚えたら医師に相談することが大切です。また、低カリウム血症と呼ばれる重篤な副作用に陥る可能性もあるため、末端神経の異常を感じたら即座に服用を止めて診察を受けるようにしてください。これは、血液中のカリウム濃度が低くなることで起きますが、発症すると手足が痺れる症状が出るため、異常を感じたら必ず医師に相談してください。

Copyright© 2018 抑肝散を服用する時のポイント【医師の指示を守って正しく服用する】 All Rights Reserved.